セルフホワイトニングのデメリット

この記事ではホワイトニングの種類とそれぞれのデメリットを解説していこうと思います。

3種類のホワイトニング

まずは簡単な説明をします。

オフィスホワイトニング

歯科医院で歯科医師や歯科衛生士が施術を行うホワイトニングです。

歯科医師やその指示を受けた歯科衛生士は、医療行為が認められますので薬剤を使用してのホワイトニングになります。

まずは、歯科医師や歯科衛生士に歯のクリーニングをしてもらいます。すごく気持ちがいいです。

汚れを除去した上で薬剤を塗布すると効果が出やすいです。

ホームホワイトニング

ご自宅にて自分自身で行うホームホワイトニングです。

歯科医院で自分の歯型をとってもらい、歯医者によっては術前の歯の写真を撮影します。

次の予約の時には、自分の型が出来上がっていますのでそれを貰って、ホワイトニングの説明を受けます。

その日からホワイトニングを行えます。

ホームホワイトニングの事を、セルフホワイトニングという方もいます。

①+②=デュアルホワイトニングと言います。

セルフホワイトニング

歯科医院以外で行うホワイトニングです。

例えば、よくあるのが美容系サロンです。あとは美容院に併設されていることも最近では多く見られます。

ホワイトニングの知識を勉強したスタッフが、機械の使い方や注意事項の説明を行い施術は自分自身です。

今回は、セルフホワイトニング(②と③)についてのデメリットをまとめてみました。

ホームホワイトニングのデメリット

最低でも2回は歯医者へ通院をしないといけません。

歯医者と自分の予定がなかなか合わない時ってありますよね。

遅くまでやっている医院も少ないですし、日曜診察している医院もなかなかないので

受診をして、ホワイトニングトレーを作成したりするために、二度程度通わないといけま

せん。

ホワイトニング中はマウスピースを装着します。

ホワイトニング中は薬液の入ったマウスピースを装着したままで4時間程度過ごさなけれ

ばいけません。(使用する薬液によって時間は多少変わります。)そのため、飲食はできませ

お話は全くできない訳ではないですが、しゃべりづらく、聞き取りずらいです。

上下のホワイトニングをされる方は、マウスピースが上下に入るので、慣れるまでは、す

ごく違和感があります。

知覚過敏を起こしやすい。(しみやすいです。)

医薬品の薬剤なので効果がでやすいですが、その分、知覚過敏を起こしやすいです。

セルフホワイトニングのデメリット

無資格のスタッフ

業者から諸注意を習い、講習を受けたスタッフが実際に使用する機械の説明ややり方の説

明を行います。専門的な資格があるわけではないので何かあった時は不安です。

あとは、マニュアル通りしか出来ないので、個々に合った指導や専門的な意見が聞けませ

ん。

医薬品は使用できない

資格がない方がされますので、医薬品を使うことが出来ません。

=十分な効果が得られる可能性が低いです。

白いと言っても価値観には個人差がありますので、効果の具合を言葉で表すのは難しいで

すが、個人的にはデュアルホワイトニングが一番効果を得やすいと思います。

何度か通わないといけません。

自宅でする訳ではないので、施術をしてもらうサロンへ何回か通うことになります。

予約をとる手間もかかります。

医療行為ではない。

医療行為ではないので、知覚過敏など問題が起きた時に適切に対応してもらえない可能性

があります。

何かあった場合は歯医者へ受診しないと解決しないので、それはちょっと面倒ですよね。

お口に機械を当てたまま数分キープが難しい

口角器という唇をひっぱる器具を自分で装着します。

これがなかなか難しいんです!!

お口の中はとても繊細なので、装着が上手に出来ないと傷が付きます。

さらに、ジェルをつけ専用のLEDライトを口元に持ってきて、(使用するジェルによって時間は異なりますが)8分程度そのままです。顔以外は動かせますが口元からライトが外れると、効果が出ませんので要注意です。

ホワイトニング歯磨き粉はリスクなし

自分で行うホワイトニングで歯磨き粉を使うものがあります。

時間はかかりますが、薬品を使用しないのですごく安全です。

つまり虫歯の治療中や妊娠中・授乳中でも問題なく使用できるんです。

ホワイトニング歯磨き粉の中でも、わたしがおすすめするのは「はははのは」という歯磨き粉です。

おそらく今一番人気のあるホワイトニング歯磨き粉ではないでしょうか。

詳しい、はははのはの口コミと効果は実際に使ってみた方のブログがありますので参考に。

デメリットやメリットについても詳しく解説されていますよ。

まとめ

このようなデメリットがあります。

歯が白くなると謳っている安い歯磨き粉で、効果が出なくても正直諦めがつきますよね()

しかし、高いお金を出してホワイトニングをするのであれば、やはり確実に効果があるものが良いですよね。

歯科医院でのホワイトングは、資格のある歯科医師や歯科衛生士が施術するので専門の目で見たアドバイスなどが聞けることもあると思います。

やはり餅は餅屋ですね!()

メリットばかり見がちですが、デメリットもしっかりと把握して選択してみて下さい。

 

関連記事

NO IMAGE

ちゅらトゥースの成分は安全なの!?副作用がないのか分析してみた!!

NO IMAGE

ホワイトニング歯磨き粉の効果を高めるにはどうすればいいの?

NO IMAGE

ちゅらトゥースホワイトニングの気になる口コミ

NO IMAGE

ちゅらトゥースはタバコのヤニにも効果的?

NO IMAGE

はははのはとオーラパールのそれぞれの効果を比較してみた!!

NO IMAGE

パールホワイトプロexの成分とは?