気になる!パールクチュールの成分とは?

いろいろホワイトニングの歯磨き粉見てきましたが、今回は「パールクチュール」です。

正直1番気になる、ホワイトニング効果が高いのか、一緒に考えていきましょう!!!

成分その1 「コーラルアパタイト」

コーラルアパタイトとは

沖縄産の天然化石サンゴを原料に独自の記述により製造されたアパタイト。

ヒドロキシアパタイトはリン酸カルシウムの一種で、歯のエナメル質の97%、骨の65%を占める成分です。

アパタイトという種類の成分たちは化学構造的に生体親和性があります。

が、コーラルアパタイトは太古の海水に溶解した70種類余りのミネラルを含んでいます。

その中には歯や骨を構成するカルシウム・リン・マグネシウムなども吹くまれているため

一般のアパタイトより生体親和性がいいのです。

・・・なんて難しいことは置いといて、

糖やたんぱく質、脂質、細菌、色素、臭いなどあらゆる有機物質を吸着する性質があるようです。(公式HPより抜粋)

臭いの吸着の実験結果も

  1. アンモニアの吸着率 72%
  2. トリメチルアミンの吸着率82%
  3. ノルマル酪酸 56%

と高い結果が出ています。

なんだかコーラルアパタイトだけで着色、口臭問題解決できそう・・・?

成分その2 トリポリリン酸ナトリウム

歯医者のホワイトニングでも混ぜて使用されるポリリン酸ナトリウム

歯医者では「過酸化水素」を混ぜて使用するのですが、

日本の薬事法で歯磨き粉に過酸化水素を混ぜるのはNG

ただポリリン酸ナトリウムは

変色防止などの食品添加物として認められていますし、

歯石を防ぐステインの除去や沈着防止の効果、歯周病やむし歯に対する抗菌作用もあるため、

お口の中の環境を整える物質です!

つまりは、歯をコーティングしてくれるということですね。

成分その3 「パール(真珠末)

クレオパトラや楊貴妃など、世界の美女が愛飲していたらしい「パール」

パールの成分は90%が炭酸カルシウムで、そのほかにもミネラルなど入っているようですね。

サプリとして飲めば、吸収率も高く、コラーゲン繊維に似た「コンキオリン」というたんぱく質があるため肌細胞を活性化・肌にうるおいとツヤを与えて、新陳代謝を活発にしてくれる。

そのため美白、美肌、血液浄化、リラックス効果、便秘に効果があるようです。

ん????

これ歯に関係ある??

パールクチュールの公式HPには「パールが歯の汚れを洗浄し、修復してくれる」と書いてありますが、うーん

炭酸カルシウムにももちろん洗浄効果はあると思いますが、

なんとなくここで客寄せ効果感ありますね。()

成分その4 「クリスパタス菌KT-11

赤ちゃんの体を守っているお母さんから受け継がれた乳酸菌

それが「クリスパタス菌」。

腸内にてアレルギーや感染症のリスクを軽減させるといわれています。

口腔内に対しても、

歯槽骨(歯を支えている骨)破壊を抑制することから歯周病予防効果があり、

クリスパタス菌を接種した人は「歯ぐきの腫れが減少」「唾液量が増加」など

歯周病予防に対する効果があったようです。

歯磨きの時に、歯ぐきのマッサージをしっかりできて、このクリスパタス菌の効果が得られたら歯周病にもむし歯にも予防効果が出てきそうですね!

また歯ぐきの腫れ、つまり炎症が抑えられれば口臭も治まってくるのでほんとうにサイコーな成分じゃないでしょうか??

成分その5 「キシリトール」

キシリトールはよくガムとして耳にすることが多いと思いますが、

代用甘味料としても使われていることもあるけど、

むし歯予防に効果的なんです◎

ただし、長期的に口にし続けないとあんまり効果がある実感はないでしょう

成分その6 「メントール」

メントールは炎症を短期的に抑えてくれます。

ただ、強くスースーする味がすると思うので、使用後の口の中はさっぱりはするかと思いますが、メントールが配合されているおかげで「刺激がつよい」と思っちゃう人もいるかもしれません

またメントールや強いミント味がする歯磨き粉だと後味がすっきりしすぎてきちんと磨けた感が出すぎることもあります。

本当は全然磨けてないのに、口の中がスースーすることできれいに磨けたと錯覚を起こしてしまいますので、歯医者さんでは懸念事項だと考えています。

成分その7 「グリチルリチン酸ジカリウム」

グリチルリチン酸とは

甘草(かんぞう)の根っこに含まれていて、漢方の原料とされています。

グリチルリチン酸は水に溶けにくいので溶けやすいようにカリウムと結合させてできたのが「グリチルリチン酸ジカリウム」です。

漢方で使われているくらい昔から口内炎や喉の炎症を抑えるために使われ、抗炎症作用、抗アレルギー作用があります。

ただし、1日の摂取量が40mgを超えると、偽アルドステロン症という症状があらわれ、手足のしびれ、むくみ、頭痛、吐き気など副作用があります。

なぜなら、副腎皮質ホルモンである「ステロイド」と似た効果を持つといわれているからです。

「ステロイド」と聞くと、副作用が恐ろしいイメージがありますが、歯磨き粉なので、飲み込むものでもなければ、歯磨きの後にうがいをするので1日2回あるいは3回の歯磨きでの使用では問題ないかと思いますが、注意は必要かもしれません。

パールクチュールまとめ

すこーし胡散臭いところもありますが、コーラルアパタイトやクリスパタス菌KT-11の成分は少し驚いてしまうほどお口の中にいい効果をもたらしてくれそうです

ただ、単品価格「9,980円」はちょっと高くなーい??

定期コース限定で60%offになってやっと「3,980円」いい成分が入っているのはわかるけど、それだったら歯医者でホワイトニングした方が早いし、安く済んじゃう気がしないこともない、というのが私の本音です。

ただ成分としては、きちんとステインもむし歯も歯周病、口臭もカバーできそうです

関連記事

NO IMAGE

歯の黄ばみには綿棒はありなのか!?

NO IMAGE

ちゅらトゥースホワイトニングの使い方!

NO IMAGE

ちゅらトゥースの成分は安全なの!?副作用がないのか分析してみた!!

NO IMAGE

プレミアムブラントゥースの成分について!

NO IMAGE

ちゅらトゥースはタバコのヤニにも効果的?

NO IMAGE

ちゅらトゥースホワイトニングの気になる口コミ